病院が嫌いな理由

少しくらい体調不良になっても、市販薬等で大体乗り切る私ですが、

さすがに38度以上の熱が出てしまったので病院に行きました。

 

熱が出たしたのが仕事終わってからで深夜には39度に。

しかし家には解熱剤等なし。頭も痛い。

 

あんまり夜間診療は行きたくなかったけど、

さすがに熱が上がる一方でやばかったので行った。

 

インフルエンザの検査は陰性。

解熱剤だけもらった。

熱が続くようならきてくださいといわれ、

解熱剤もなくなりかけだったのでまた病院に行くと、

あたった医者がハズレ医者

 

前回行ったのが深夜だったことに対し、

「そのまま寝ていればよかったのに」と

初っ端言われ、まず「は!?何こいつ?」と感じた。

熱が下がらないようならまたきてくださいと言われ再来したのに、

「そんなすぐ熱はさがりませんよ~」といい、

他の原因について調べようともしない。

薬について何かありますか?と言われたので

のども痛かったし、

抗生物質はでますか?」と聞くと、

「効かないから出さないよ」と。

なんでお前が効かないとかわかるんだよ!(キレ

 

ろくに調べもしない奴に適当に診断され本当にげんなりした。

 

医者について家で調べてみたら、内科医だったけど専門は消化器系だし、

常駐医というより週1しかいないヘルプ医だった。

本来は別の病院にいる医者のようで。

 

専門外だからってそんな適当な診療でいいのかって思うし、

それなら専門のだけやっとけよって思うし、

とにかくあいつには二度と診られたくない。

 

 

病人は病気を治すために病院に行くのに、

それに対して真面目に向き合わない医者がいると思うと

病院に行きたくなくなるのです。