読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲求段階説から自分の状況を把握する

いま転職のことで悩んでいます。

 

現在、私が置かれている状況は、あと半年で任期が終了する非常勤職員。

(非常勤といえどフルタイムで働いています)

前職は特定派遣であり、今後の生活のことを考えるとそろそろ落ち着きたいってのが本音です。(安全欲求かな?)

 f:id:atantan:20150917155927p:plain

 

マズロー欲求段階説によると(上図)、私は安全⇔社会あたりを行き来しているような気がする。

一つ一つ確認していこう。

 

 

まず一番初めの生理欲求について。

最低限の衣食住は確保できているからクリア。

 

次に二番目の安全欲求。

生理的欲求が継続的に満たされることを望む。

このへんからすでに雲行きが怪しくなる。

任期終了後、仕事がなかったら私は生きていけるのだろうか?

一生独り身だったら…とかね。

つまり二番目でアウトw

 

次に三番目の社会欲求。

自分の生活が安定し、欲求が満たされると仲間がほしいという欲求がでてくるそうです。

仲間のためにがんばろうと思うようです。

 

ふと、立ち止まって考えてみましたが、

私はこの「仲間のためにがんばろう」っていうのを働いていて、

あまり思ったことがないということに気づきました。(ないわけではないです)

 

安全欲求が満たされていない状態で社会欲求を満たそうと頑張ってもどこか頑張れない。

まず安全欲求を満たすために見返りを求める。こういう図式なのかもしれないです。

 

安全欲求を他人に満たしてもらうことは可能かもしれませんが、

正直不安かもしれませんね。

まずは自分が自身の安全欲求を満たせることを証明しないといけないのでしょう。

 

私が今、人生のなかで解決すべきことは、

婚活して相手を探すことではなく、

自分の力で欲求を満たしていくことにあるのだと改めてつきつけられました。(遅い)

 

背伸びして星を掴もうとしても一生届かない。

それならば、ロケットを開発して宇宙に行くくらい考えないと。

そのために勉強しお金を稼ぐことが大事なのだと。

 

つまり今すべきことは、

「とにかく生活を安定させること」

であるという結論に至りました。

 

「誰かのためになること」

「自分のやりたいことをやること」

は次のステップにあることです。 

 

人生一度きりしかないって、婚活中に男性に言われたことがあったけど

その意味が少しだけ見えた。

このまま死にたくない。

学生の頃はもっと頑張っていたじゃないか。

誰かに負けたくない。

一番になろうって。

 

再奮起して転職活動頑張ります!